2017年にAmazonで買ってよかったなと思ったものベスト10

   

※この記事は 苫小牧高専アドベントカレンダー2017 20日目の記事です。

 

もっと技術寄りなものを書く予定だったけど仕込みが終わらなかったので、自分がときたま検索してしまうワードで一本書きます。
タイトルはAmazonで買ってよかったものだけどAppleストアで買ったものが一つ混ざってるのは許してほしい。

まずはランキングにする前に2017年度一体いくらのお金を使っていたのか(分かる範囲で)集計してみた。
2017年はこれだけ使ってるんだぜっていうところを見せつけてやらないとランキングに信頼性がなくなるからね。

Amazon: 176,270 円
Apple    : 249,480 円

これ以上の公表は命を狙われるからやめておく。
Amazonで家電を除いた新生活一人暮らしキットや新年度使う教科書等を買っていたのでまあこんなものなのかなと。

では早速ベスト10をみていきたいかなと思います。

第一位.机 ¥ 8,990

今年は色々なものを買っていたけどぶっちぎりで優勝した机。

机選びは横幅に目が行きがちになるけど奥行きがね、重要です。右端にモニタを3枚置いてるんだけど圧迫感がなくて最高

PCではRAM16GBが人権ならデスクは奥行き60cmからが人権なのかなと。(写真のデスクは幅140cm、奥行き70cm)
それと木製のデスクは幕板に画鋲とワイヤーラックで簡易的なケーブルまとめができてGood。

第二位.BRITA ポット型浄水器 ¥ 1,600

個人的に味が苦手な水道水を濾過してくれる神アイテム。
水道水から味が消える
ご飯のときもお茶とかジュースではなくて水がお供な自分としては嬉しさしかない。

水美味しい。

第三位.MacBook Pro 13" (Touch barあり)

ASUS ZENBOOK UX32VDからの乗り換え。

憧れ半分、実用性半分くらいで買ったマシン。
モノ自体はすでに語り尽くされている良いものなんだけど値段が高すぎてAppleストアで購入ボタンが押しづらい

Touch Bar対応ソフトウェア各位もっとがんばってくれ。

第四位.フィリップス メンズシェーバー 5000シリーズ ¥ 7,980

お手頃価格でお肌に優しいと評判だったモデル。
敏感肌ですぐに血が出る自分でも滅多に血を見なくなった

肌に優しい分、剃るスピードが遅く深剃りしづらいから朝少し寝坊したらその日はマスクマンになります。
使用するときはサクセスのプレローションと一緒に使っている。
よく滑ってぬるぬる剃れるようになる。

第五位.SONY h.ear in Wireless MDR-EX750BT  ¥ 15,162

人生二つ目のBT(Bluetooth)イヤホン。
以前はTaoTronicsのBTイヤホンを使っていてBTイヤホンに期待していなかっただけに衝撃が走った
好きな音楽を好きな時に好きな場所でケーブルを気にせず気持ちよく聴ける。わりといい音で。
ケーブルレスでこんなに聴ければいいじゃないかと思わせてくれる一品。(素人の感想)

ケーブルレスだから洗濯物を干すときやアイロンがけのとき、ご飯を作るときとかよく使ってる。
有線にも対応しているのが嬉しいところ。バッテリー切れても有線で使用し続けられる。

唯一の不満点がノイズキャンセリング機能がないところで、現在はスタイリッシュでノイズキャンセリングを搭載した最新モデルが出てる模様。

第六位.珪藻土バスマット ¥ 3,099

AngLink製の珪藻土バスマット。
珪藻土バスマットは一昔前にアホみたいに流行っていたものでずっと気になっていた。

生地ベースのバスマットと違って洗う必要がなく、ときたまヤスリで表面を削るだけでお手入れ終了な手軽さが魅力。
使用後に干す必要もなく壁に立てかけておけば数分で完全乾燥している。

非常におすすめ品なのだけれど、第六位になった理由として冬場の北海道で使うと激しく冷たい
ただひたすらに冷たい。足から風邪引く。

第七位.eufy RoboVac 20 ¥ 29,800

一時期話題になったロボット掃除機の類。
苫小牧高専アドベントカレンダーの主催者にいい感じっていう情報を聞いて即買いした品。

ロボット掃除機といえばルンバだけど
安くていいからとにかく部屋を勝手に徘徊してほしい
という要望に答えてくれるやつ。

18ヶ月保証が魅力的に思う。
購入から半年ほど経ってから故障した時にサポートに電話したら新品と無償交換になった。
サポートの人の対応も無償交換対応も嬉しい。

一番助かったのが製品の性質上、床にものを置くと障害物になってしまうからということで床にものを置かなくなった
ケーブルもまとめて床に垂れ下がらないようにしているから気持ち部屋がきれいに見える。

習慣を変えたいときは決意じゃなくて環境を変えるべきという言葉を体で覚えさせてくれた一品。

第八位.加圧インナー ¥ 1,880

猫背矯正にと思って購入した。

驚くことに猫背は治らなかった

加圧インナーを着ていたら「あっ、いま猫背になってるから直さなきゃ」という意識はできる。
猫背の完治までは後少しなきがする。

第九位.ハンディスチームアイロン ¥ 8,400

 

しわしわのYシャツを着ているのが恥ずかしいから手に入れた。

世間一般ではスチームアイロン微妙じゃない?みたいな雰囲気があってそのとおりだと思った。
干したままきれいにシワを伸ばすにはアイロン用のミトンが必須になる。
しかもこのミトン、スチームアイロン対応タイプと非スチームアイロン対応タイプが別々にあるので注意が必要。
使い分けないと火傷します。

微妙なだけできちんとシワは伸びるし取り回しやすくて便利だからおすすめ。
もし来年度一人暮らしを始める人がいたらハンディタイプのスチームアイロンを買うときは以下の点に注意しよう。
・コードレスだと更に取り回しやすくなる
・貯水タンクはできるだけ大きいものだと水を補給する手間が減る
・家電量販店等で実際に手にとって3分くらい空中に持ち上げて決める

第十位.ESCAPE R3 ¥ 55,000

まだママチャリで消耗してるの?

ママチャリよりも楽に走りたいけどロードバイクみたいなガチなものはちょっと……な人におすすめ。
ESCAPE R3にかぎらずこの価格帯のクロスバイクはQoLがほっこり上がります。
注意しておきたいのがロードバイクが欲しくなるので予算15万円位ある人は15万円でロードバイクのエントリーモデルを買うのが吉。

足をくるくる回してるだけで6kmが大体15〜20分程度で走れる。
カゴがないからお米を5kg,10kgとか買うときは少し苦労するかもしれない。

北海道の今時は雪が積もっているのでお休み中。

 

以上、2017年のお買い物でした。

一人暮らしを始めてからパソコンまわりよりも自分の生活を如何に楽に、気持ちよくしていくかという方向にお金を使うことが多くなった気がする。
環境への投資が重要なのはこの一年で実感した。

ただ、環境へ投資するだけじゃなくて自分へも投資しなきゃいけないよねっていう気持ちは大事にしたい。(いい話)

 

続いての苫小牧高専アドベントカレンダーは、苫小牧高専の教員枠で @shigyo 先生です。タイトルは「ほげふが」。
タイトルがメタ構文変数ということで、いまからhogehogeが止まりません。

 - お買いもの