DiCEがMyDNS.JPに自動更新してくれない

   

という状況が2011年の9月頃から起こっていたらしい。
気が付かずに手動更新していたのが嘘のように楽に…。

参考:
DiCE用のプラグインファイル - MyDNS.JPのブログ

以下自分の環境(CentOS6)下にて。

作業ディレクトリ

DiCEのプラグインフォルダのディレクトリは /usr/local/bin/DiCE/plug-in/
編集ファイルは同ディレクトリの MyDNS.JP.plg 。

変更箇所

細かい変更が面倒なのでMyDNS.JP.plgの中身を参考サイトのものに置き換えた。
もう箇所とかじゃなかった。

;-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
;DiCE DynamicDNS Client Plug-in
;Copyright(c) 2001 sarad
;-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

[DiCE]
Version=3.0

[ServiceInfo]
Name=MyDNS.JP(ALL)
URL=http://www.mydns.jp/

[Updater]
Method=GET
Script=http://‹U›:‹P›@www.mydns.jp:80/login.html
Encode=UTF-8

[Domains]
mydns.jp

[Options]

[Response]
1=Login and IP address notify OK
18=パスワードが違います

[Command]

[Messages]
1=Login and IP address notify OK
18=ユーザー名(マスターID)またはパスワードが無効です

めでたく解決。

 - CentOS, 弄ってみた