Fedora21にOracleのjdkを導入したおぼえがき

   

Fedora21ではOpenJDKがデフォルトで入っている。

今回はOpenJDKをOracle製の最新版JDKに置き換える手順のおぼえがき。

jdkのインストール

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
Java Platform, Standard Editionの項からJDKをダウンロードする。

Java SE Development Kit ****(現時点で8u25)の枠内で Accept License Agreement にチェックを入れて jdk-****-linux-x64.rpm をダウンロードする。

jdk

ダウンロード後インストール。

OpenJDKからOracleJDKへ

javaのバーションを確認する。

$ java -version
openjdk version "1.8.0_25"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_25-b18)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.25-b02, mixed mode)

openJDKが確認できる。

次にalternativesを使って標準で使うコマンドを切り替える。
alternativesの --install オプションは

--install <実行リンクのパス> <グループ名> <実体ファイルのパス> <優先度>

となっている。

$ alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/latest/bin/java 200000
$ alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/java/latest/bin/javac 200000

alternativesの --config オプションを使ってopenJDKからOracleのJDKへ切り替える。

$ alternatives --config java

2 プログラムがあり 'java' を提供します。

選択 コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.25-5.b18.fc21.x86_64/jre/bin/java
 2 /usr/java/latest/bin/java

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:

選択番号の2を入力してEnter。

許可がないという旨のメッセージが出てきたら sudo をつけて実行する。

もう一度javaのバーションを確認する。

$ java -version
java version "1.8.0_25"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_25-b17)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.25-b02, mixed mode)

切り替わっていることを確認してオシマイ。

参考:グロブ - CentOS に Oracle JDKをインストール

 - Fedora, 弄ってみた