SSDにWindows7をクリーンインストールしたらHDDにシステムで予約済みの領域が作成された

   

HDDからSSDに移行する際にちょっとしたトラブルが発生した。

OSのインストール先であるSSDに作成されるはずの領域がHDD側に作成されてしまったというもの。

解決策としてはOSの再セットアップが一番手っ取り早いだろう。

症状

未フォーマットのSSDをSATA3で接続した後通常通りにPCを起動する。
HDDからWindows7を起動しているパソコンで以下の操作を行った。
1.OSのインストールディスクをDVDドライブにセット
2.SSDにWindows7をクリーンインストール

この普通に思える過程でまさかの落とし穴。

Winキー+Eでコンピュータを開くと見慣れないドライブ文字の(E)が目に入った。
ディスクの管理ツールで確認するとシステムで予約済みの領域とのこと。

正常なブートドライブ。
boot_clear

今回問題になったHDDとSSD。
無題 (2)

システムとアクティブっていう項目がHDD側に持って行かれている。

原因

不明。

解決策

諦めてOSを再インストールする。

パソコンを最小構成(電源/マザボ/メモリ/CPU/SSD/DVDドライブ)で起動。

普通にOSをインストールし、各種ドライバをインストールしたらシャットダウンし、その他のストレージとパソコンを接続する。

今回は面倒くさかったら普段の構成(GPUやサウンドカード有り)で、HDDのSATAケーブルだけ引っこ抜いてWindows7のクリーンインストールを行った。

雑感

これが原因で数時間悩んだが諦めてWindows7を再インストールすることで解決した。

最小構成じゃないと別のストレージに領域ができてしまうことがあるらしい。

因みに、Windows7は同時に2つ以上のパソコンにインストールしないのならば同一のインストールディスク・プロダクトキーで再インストールできるみたい。

(怖かったんでテクニカルサポートに聞いた)

 - Windows, 弄ってみた