PCSX2でチートコードを使う方法 - PS2用のPAR改造コードをPCSX2で使えるようにする

      2016/11/03

PCSX2……限りなく赤に近いグレーゾーンのツールのTipsを紹介.

なぜにチートをするのか,主にRPGの話で.答えは「レベリングが面倒くさい」から.

あまり時間がない時でもあのゲームの話をもう一度見たい,とかいう時に便利な機能.

そんなcheat機能をPCSX2 1.4.0で使えるようにする.

pcsx2cheat1

1.チートファイルの作り方

1.1.cheatsフォルダを探す

Windows版のPCSX2 1.4.0(インストーラ)の場合デフォルトでは

"C:\Users\<ユーザ名>\Documents\PCSX2"

の下にある.ここに改造コードを記述したpnachファイルを置くため覚えておく.

1.2.チートを行いたいゲームのナンバーを調べる

PS2のゲームソフトにはタイトル毎,ユニークな番号が振られている.

pnachファイルにはこの番号が必要なためゲームを実際に起動してステートセーブを行うことでタイトル番号を割り出す.

ステートセーブを行うにはゲームプレイ中に F1キー を押すか,"システム"タブの中から「セーブステート」を選択する.

save_statepcsx2

ステートセーブのデータはPCSX2ディレクトリの「sstates」フォルダにある.

"C:\Users\<ユーザ名>\Documents\PCSX2\sstates"

titlenumpcsx2

重要なのは赤い枠で囲まれた文字列.画像では "E20A9B0A" という部分.

ここはチートコードを記述するpnachファイルのファイル名となる.

1.3.チートファイルを作成する

最初に探したcheatsフォルダ内に,2つ目の手順で見つけたファイル名でpnachファイルを作成する.

これまでの例で行くとE20A9B0A.pnachファイルを

C:\Users\<ユーザ名>\Documents\PCSX2\cheats に配置する.

1.4.pnachファイルに改造コードを記述する

PS2用のPAR改造コードをPCSX2で使えるようにする.

PAR改造コードは暗号化されているためそのままpnachファイルに書き込んでも動作しない場合が多いため,デコードしてやる必要がある.

以前はプログラムが配布されていたが今は配布が終わっている様子.

既存のもの(zero memoryさんのPS2PARコード変換スクリプト)を使いやすいようにJavaScriptで書き換えた.(ほぼパクってすいません)

PS2用PAR改造コードをPCSX2で使えるようにコンバート

ps2parscripts

上記のページで
1.左側にPS2用のPAR改造コードを貼る
2.復号化ボタンを押す
3.右側のPCSX2用のチートコードをpnachファイルにコピーする
注意:PAR改造コードの後ろにスペースがあると正常に処理されない.

pnachファイルの書式は下のようにする模様.(NS-motuさんのなんとなく作った日記より)
commentの部分は何でもいいらしい.


gametitle=Final Fantasy XII International: Zodiac Job System (SLPM-66750)
comment=rakuraku

// MasterCode
patch=1,EE,00180238,word,0045E893

2.PCSX2でチートを有効化する

”システム”タブの中から「チート有効化」を選択する.

この状態でゲームを起動するとPCSX2のログ出力に下のような「Overall ** Cheats loaded.」というような出力が得られる.

cheatspcsx2

 - つくってみた