MyDNS.JPへ定期的にIPアドレスを通知するのにDiCEを使うのをやめた

   

しばらくblog.naguu.info全般に接続できない時期が続いていたのはDiCEのIPアドレス定期通知が止まっていたからでハード方面の問題じゃありませぬ。ヽ( ´¬)ノヤホーイ

現状

以前の記事「DiCEがMyDNS.JPに自動更新してくれない」にて一定期間はDiCEが自動でMyDNS.JPにIPアドレスを通知してくれていたが先日見るとまたストップしていた。

方針

当方の環境だとDiCE、MyDNS.JPの相性が悪いのかIPアドレスの定期通知が自動で出来ないため、wgetを使ってIPアドレスの通知をするスクリプトをcronのdailyに突っ込んで毎日実行するようにした。

実践

以下CentOS6を使用。

wgetが入っているか

端末上で wget と打ってEnter。入ってなかったらyumでもapt-getでもpacmanでもなんでもいいから入れる。

# yum install wget

MyDNS.JPへ通知できるか

端末上で
# wget -O - 'http://[ログインID]:[パスワード]@www.mydns.jp/login.html'
を入力してEnter。

(例)
ログインするときのMasterIDがmydns123456。
パスワードがabcdefgの場合。

# wget -O - 'http://mydns123456:abcdefg@www.mydns.jp/login.html'

MyDNS.JPにログインしてメニューの LOG INFO で通知ログが確認できればOK。

スクリプトの作成

端末上で
# emacs /etc/cron.daily/mydns
と入力。emacsのところはお好みのテキストエディタ。viでもvimでもnanoでもなんでもオッケ。
以降mydnsの中身

#!/bin/sh
/usr/bin/wget -O - 'http://[ID]:[PASS]@www.mydns.jp/login.html'

[ID]と[PASS]は自分のものを使用。

残りはアクセス権を変更するだけ。
# chmod +x /etc/cron.daily/mydns

crondを再読み込みしてお終い。
# /etc/init.d/crond reload

etc...

参考:MyDNS.JP

一週間位様子見が続くけど今のところ問題なさそう。
DiCEのように途中からバッタリ息しなくなるのはもう勘弁。:;(∩´﹏
∩);:

 - CentOS, 弄ってみた