ASUSのZENBOOK UX32VDのHDDをSSDに交換した時のおぼえがき

   

ZENBOOK UX32VDスペックをテキトーにまとめるとこんな感じ。
CPU Core i5-3317U
RAM 4GB
GPU GeForce GT 620M(VRAM:1GB)
HDD 500GB
SSD 24GB
質量 1.4kg
フルHD(1920*1080)でDVDドライブなし。

SSD24GBは交換不可なため今回はHDD500GBをSSDに交換する。

交換するSSDはCFDの128GB(7mm)のもの。先人たちによるとUX32VDには7mmのものしか収まらないっぽい。アリガタヤアリガタヤ。
型番はCSSD-S6T128NHG6Q。

UX32VDの方はプログラミングや課題・レポート用、デスクトップはゲーム動画音楽と住み分けてるからSSDは128GBで十分。タブン。

DSC_0048

UX32VDの分解・SSDへの換装

以下参考:Zenbook UX32VD SSD交換レポート!

底面のネジを外して分解することになる。
底面のネジが普通のプラスドライバでは開かないためT5ドライバが別途必要。

蓋をあけるとこんな感じ。

DSC_0058

底のネジを全て外すと残りはプラスドライバーで作業できる。
右側の銀色でテカテカしてるのがHDDで、こいつを外すためには手前の黒色で横に長いパーツをずらす。
黒いパーツはプラスドライバーでネジ外してから持ち上げてずらした。

HDDの固定用にネジが4つついてるからプラスドライバーで外す。
ネジを外すとHDDを軽く横に引っ張ると取れるようになる。

DSC_0061

SSDをサイドからスライドして差し込む。そしてネジで固定する。

DSC_0062

裏蓋を閉めるまでが交換作業( ˙³˙)キヲヌカナイ。
SSDを認識することを確認したらOSを入れる。

OSの起動はまあ速い。もともと劣化SSDみたいなのにFedoraぶっこんでたから読み込みはあまり変わらない印象。
未だHDDのメインマシンに比べると爆速で素敵すぎる。
ファイルの書き込みは劣化SSDよりも速い素敵すぎる。

素敵な毎日が足りなかったらHDDをSSDに変えてみるといいかも( ˘ω˘ )

もともと24GBのSSDの方にFedora20を突っ込んでHDD500GBをまるまるデータ用のストレージとして活用してたから128GBだと持て余しそう(・_・)

 - お買いもの, ハードウェア, 弄ってみた