一人暮らしのダークサイド

未分類

※この記事は苫小牧高専アドベントカレンダー2018 14日目の記事です。
執筆時点で15日目が終わろうとしています。許して。

 

一人暮らしを2年前からはじめています。
はじめる前までは期待感しかなかった一人暮らしですが、実際にしてみないとわからない部分を思いつく範囲で書き残して置こうかと思います。

貧乏学生(北海道:家賃生活費等込で月6~8万円生活)の記録です。

ぜひこれから一人暮らしを始めるヒトや、実家から飛び出そうとしているヒトの参考になれば幸いです。

常につきまとう家事

実家ぐらしのみなさん家事していますか。
一人暮らしをしていると身の回りの家事をすべて自分でやる必要があります。
一つ一つをみると大した時間にはなりませんが、全体を通してみると日常的な家事で結構消耗します。

Wikipediaによると家事はこんな意味が含まれているそうです。

家事(かじ)は、掃除、洗濯、炊事、買物などの、家庭における日常生活のことである。

日常的な生活が円滑に推移していくための基本的な用事(掃除・洗濯・炊事・買物)、及びそれをこなしていくことをいう。

できる限り関与せずに済む仕組みを整えて楽にしていきたい分野です。

掃除は楽しいが意外と時間がかかったり、炊事は楽しいが皿洗いが面倒でだんだんとやらなくなったり、洗濯はしたいけど干すのが面倒だったり、冬場は寒い中で重たい食材を持って帰路についたり…。

これらの面倒事は現代だと自分に課金することで解決できる部分だったりするんですね。

  • 掃除 → ルンバ系を使う
  • 皿洗い → 食洗機
  • 洗濯物を干す → ドラム式洗濯機
  • お買い物 → スーパーの配達サービス

お金のある人が楽できるのが家事なのかなと思ったり。

真っ先に削りがちな食費

「節約」を意識したときに真っ先に上がるのが食費や使ってない月額サービスの解約かなと思います。

栄養が偏ったり足りなくなったりするともろに生活に影響を受けるのになぜヒトは食事を疎かにするのだろうか…🤔

一人暮らしをするなら簡単な栄養に関する知識を持っていると安心かと思います。まあ自分もボロボロの信頼できない怪しい知識なんですけどね。

栄養素がいい感じに揃ってる食べ物が世の中にはあって、今年だとCOMPが自分の中でブームになりかけたりしてました。ただ高いんですね、お金がないとしんどい。

そこでスーパー等で安価で売られている卵や納豆が個人的におすすめです。卵かけ納豆ご飯、考えたやつは天才だよ。(パプリカやブロッコリー等の野菜も適宜取りましょうね)

おら病気になっちまっただ…

近くに両親や友人がいないと病気になったときにまじでしんどい。

熱冷シートや緊急用のレトルト食品は常備しておくと災害のときとかにも役立つのでおすすめ。

おわりに

それでも一人暮らしはやっぱり良い。

生活の裁量権が完全に自分にあるので好きなことをできるし、好きな時間に起きたり寝たりできる。

好みの家具を買ったり、レイアウトを変えたりやりたい放題できる。

睡眠を邪魔する要因を最大限排除できるので、家族が夜遅くまでテレビを見ていたりして寝付けなくなるということがなくなる(めっちゃ大事)

 

本日15日の担当は @tuki9ko さんの きつねについて書くといったな、あれは嘘だ。

VRチャットについての記事になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください